枚方,寝屋川,交野,大阪, 相続手続きは 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所にお任せください
アイエスセブン法律事務所 tel&toiawase
トップページへ プロフィール サイトマップ
 
<遺言・相続の知識>
 ・自筆証書遺言  ・公正証書遺言  ・相続開始後の流れ  ・法定相続分
 ・相続人と相続順位  ・遺留分  ・遺産分割協議  ・遺言執行者の指定
 

大阪,枚方     相続人と相続順位   寝屋川,交野

  

  ●被相続人(亡くなった人)の法定相続人と相続順位について まとめてみました。

   戸籍上の配偶者は 常に相続人となります。
  そして、内縁関係にある人はたとえ同居年数が長く、実質の夫婦関係にあったとしても相続人にはなりえません。
  財産を内縁関係ある人に残したい場合は、遺留分を考慮した上で遺贈の受遺者として指定した遺言書を書く必要があります。

   相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合 あるいは配偶者がすでに亡くなっていて兄弟姉妹だけの場合、
  代襲相続は被相続人からみて甥・姪までの一代限りとなります。
  例えば、すでに亡くなっている兄と妹が被相続人の兄弟の場合、相続人は兄の子(甥・姪)と妹になります。
  兄もその子も亡くなっている場合 兄の孫は相続人とはなりえません。

  詳しくは 行政書士等の専門家にご相談下さい。

   なお、子の配偶者は 相続人ではないのですが、遺言書が無い場合の相続人全員の遺産分割協議などで、
  いろいろな方面から得た知識をもって我が配偶者の取り分が少しでも多くなるように活躍なされ、法定相続人だけなら
  発生しなかったであろう争族の火種になられる方がおられるようです。
  もちろん、これは一例です。すべてのご家族に当てはまるわけではありません。
  しかし、「争族の火種」はあらゆる状況、あらゆるところから発生しうるものです。
  想定されうる「争族の火種」の発生を未然に防止するためにも 遺言書を残しておかれることは大切ですよ。

  ●法定相続分について 以下にまとめます。
相続人と相続順位


 
<遺言・相続の知識>
 ・自筆証書遺言  ・公正証書遺言  ・相続開始後の流れ  ・法定相続分
 ・相続人と相続順位  ・遺留分  ・遺産分割協議  ・遺言執行者の指定
 
   
tel&toiawase
















  <取扱業務>   <事務所案内>
 ・会社設立  ・代表挨拶・プロフィール
 ・創業融資  
 ・遺言・相続  
 ・入管・在留・帰化  
 ・建設業許可  
 ・産業廃棄物許可  
 ・各種事業許認可  
 ・交通事故自賠責  
 ・知的資産経営報告書  
  
  総合サイト トップページ is7.jp

      ★IS7は貴方の街に即参上! お気軽にご相談下さい。

Copyright(C) 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所  All Rights Reserved.