枚方,寝屋川,交野,大阪, 相続手続きは 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所にお任せください
アイエスセブン法律事務所 tel&toiawase
トップページへ プロフィール サイトマップ
 
<遺言・相続の知識>
 ・自筆証書遺言  ・公正証書遺言  ・相続開始後の流れ  ・法定相続分
 ・相続人と相続順位  ・遺留分  ・遺産分割協議  ・遺言執行者の指定
 

大阪,枚方     法定相続分   寝屋川,交野

  

  ●「法定相続分」っていうくらいだから、わざわざ遺言書を書かなくても、法律で定められた方法で財産を分ければ、
    相続人は誰も文句は言わないだろうし、それが一番平等だろっ!

  〜 この考え方、決してマチガイとは言いません。相続財産がすべて現金やすぐに現金化できる有価証券だけで
  不動産や高価な動産が含まれていないなら、そして相続人の中に誰も特別受益を受けた人がいないとか、遺言者の
  財産構築に貢献し、寄与分を有している人がいないとかなら 比較的相続人間で納得もしやすい分け方かもしれませんね。
  もちろん、遺言者の老後の面倒を見た人とか、その家の墓や菩提寺などの祭祀継承のことを考慮しなくていいのなら、尚更です。

  あくまでも一般的にですが(例外もあるということです)、遺言>遺産分割協議>法定相続分 という関係にあります。
  そう、遺言者の意思を記した遺言書が もっとも効力を有し、遺産分割協議がどうにもうまくいかず、争族を極めた上で、
  どうしようもなく家庭裁判所に審判を仰いだ際に 考慮されるのが 法定相続分だということです。

  この他に 遺留分減殺請求の場合、相続税の算出根拠として 法定相続分が 参照されますね。

  ●法定相続分について 以下にまとめます。
法定相続分


 
<遺言・相続の知識>
 ・自筆証書遺言  ・公正証書遺言  ・相続開始後の流れ  ・法定相続分
 ・相続人と相続順位  ・遺留分  ・遺産分割協議  ・遺言執行者の指定
 
   
tel&toiawase
















  <取扱業務>   <事務所案内>
 ・会社設立  ・代表挨拶・プロフィール
 ・創業融資  
 ・遺言・相続  
 ・入管・在留・帰化  
 ・建設業許可  
 ・産業廃棄物許可  
 ・各種事業許認可  
 ・交通事故自賠責  
 ・知的資産経営報告書  
  
  総合サイト トップページ is7.jp

      ★IS7は貴方の街に即参上! お気軽にご相談下さい。

Copyright(C) 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所  All Rights Reserved.